バニラエアを使った国内旅行体験

浮いたお金で旅行を満喫

未知の体験 : 格安航空を利用するといくら節約できるか : 浮いたお金で旅行を満喫

私の中でバニラエアのようなLCCは、航空機を選ぶ選択肢の1つだと捉えています。
安いというのは商品価値の1つで、既存の航空会社とは異なるものだという考え方です。
それだけに価格帯では競合しませんし、差別化によって消費者の選択肢が増えていると感じます。
何度目かの搭乗の時に、機内食のサービスを利用してみましたが、質は良好で量的にも満足できました。
割とそこはしっかりとしているので、別料金のサービスを利用しても、価格分の満足や納得感は得られます。
肝心の国内旅行は、チケット代が浮いたことで使えるお金が増え、これまで以上にショッピングや外食が楽しめました。
お土産も少し豪華になりましたから、バニラエアはそういう意味で私にとっての大切な味方です。
国内旅行の回数が多く、限られた予算で充実した内容にしたい人なら、私のようにきっとバニラエアを気に入るでしょう。
海外便で利用するのはどうかと思いますが、国内旅行の距離を乗るだけなら十分に許容範囲内です。
発着時間は守られますし、手荷物の重量チェックは厳しいですが、そこもしっかりと行っていることに好感が持てます。
整備はANAと共通らしく、いつもLCCとは思えない安心感を感じて乗ることができています。
登場時に大きな揺れに遭遇したり、乗り降りの際にもたつくこともないので、快適性は全く問題がないと評価します。
これが家族連れや大人数となれば話は変わってくるでしょうが、少人数で国内線を旅行に利用するなら、十分選択の候補になります。